ホスピスの求人特集【※人気サイト最新ランキング掲載】

ホスピス求人 TOP >> ホスピス(緩和ケア)の医師 >> ホスピスの医師求人の探し方

ホスピスの医師求人の探し方

最初からホスピス医を目指している医師はそう多くはないでしょう。もちろん日本ではこれから終末医療はどんどん一般化し、ホスピスや併設病院は増えることでしょう。しかしホスピスで受け入れているのが癌患者、エイズ患者のみであること、エイズは治療薬の開発などで、実質的に癌患者の緩和ケアが主な仕事だということ、ホスピスが痛みや苦しみを和らげ、患者さんのQOLを一番に考えるところなので、専門科としては、麻酔科や臨床心理士資格を持つ医師などが適しているでしょう。

ただ、もちろんそれぞれの臓器や体の部位ごとの専門医が癌の進行やステージなどを見極めつつ、最適な治療を行っていかないといけませんので専門科とともに総合的な判断ができる経験豊富な医師が適しているでしょう。

病気や癌との戦いは理屈ではありません。いつもは気丈に振る舞っている患者さんもふとした瞬間に恐怖に襲われたり、死を意識して眠れない夜を過ごすこともあるでしょう。そうした患者さんに寄り添うことは、若い経験の浅い医師にはきついことかもしれません。

ホスピス自体やホスピス施設を持つ病院では、広く医師を募っていますが、これらの医療施設では医療関係者全員がすべての協力、そしてチームとして患者さんを支えることが前提となるので、その医療施設の傾向やポリシーにより、採用の可否が決まるでしょう。自分個人で応募する方法もありますし、ホスピスへのコネクションを持つ、またホスピスへの医師や医療スタッフの紹介を積極的に行っている医療専門の転職サイトを利用してみましょう。専門コンサルタントと良く話し合って、ホスピスへの転職が可能かどうか、自分の専門科が終末期医療という現場で活かせるかどうかなど、適性や経験を話合いましょう。

ハローワークや一般の仕事サイトから検索もできますが、 仕事の案件自体が少ないので、直接応募か転職エージェント利用がホスピス就職への近道だと思います。こうしたサービスを利用して、転職を成功させましょう。まだ経験浅い医師は、他の診療科で十分経験を積んでからホスピス転職のタイミングをはかりましょう。これから5年、10年のうちにホスピス施設はどんどん増えてきますので、人材募集の絶対数自体が増えるのを待っていても間に合います。将来を見据えて、普段の臨床現場から学べることは学び、老人介護や小児科など、さまざまな年齢、そして病状、怪我などの治療を通してホスピス医療への心構えをしていけばいいのです。

ホスピスの求人サイト人気ランキング 〜医師編〜

  サービス名 利用料 対応エリア 評価 詳細
医師転職ドットコム 無料 全国 ★★★★★ 詳細
医師転職ドットコム
公式サイトはこちら

>>ホスピス(緩和ケア)の求人サイト人気ランキングを見る<<


▲このページの上部へ

Copyright (C) 2014-2018 ホスピスの求人特集【※人気サイト最新ランキング掲載】 All Rights Reserved.