ホスピスの求人特集【※人気サイト最新ランキング掲載】

ホスピス求人 TOP >> ホスピス(緩和ケア)の医師 >> ホスピスの医師の勤務時間

ホスピスの医師の勤務時間

ホスピスで何よりも大事にしているのは、入院患者さんの満足度、そしてQOLです。そのため、ホスピス病棟では、医師や看護師、他の介護福祉士などの人数を多くして対応しているところが殆どです。そのため、人員不足が叫ばれている他の診療科の病棟などと比べて、より余裕のある、ゆったりした恵まれた雰囲気、環境のなかで治療が行われているのです。

基本的に一般の常勤医師と変わらないようなスケジュールですが、終末期医療の特性として、当直や休日、夜間診療などもあるのは当然ですし、いざ患者さんが危篤となれば、宅直オンコール呼び出しなどもあるでしょう。ただし、病院やホスピスによっては、日直、当直のみのパート医師の受け入れもしているので経験があれば、フリーの医師でもホスピス医療の担い手になることができます。

ただ、医師自体を厳選し、寄り好んでいたり、また小さな施設や団体が運営しているホスピスもあるので、そうした小さな少数精鋭のホスピスで、あなたの専門性が頼りにされるようなところであれば、忙しい日々を送ることになるでしょう。

こうした勤務時間や就業形態なども交渉次第で自分で決めることができたり、施設側との交渉によっては、常勤だけではなく、パート医師としての受け入れもしてくれる場合もあるので、まずは話し合いが大事です。

もし交渉が苦手であるとか、ずっとホスピスの医師求人を探しているが、なかなかピンとくるものがないと悩んでいるのなら、ハローワーク、そして学生時代の先輩や教授、医療関係のエージェントに紹介を頼みましょう。自分でも直接応募するなど、積極的に自分を売り込んでいきましょう。なぜ自分がホスピスを希望するのか、将来の計画や展望などをはっきりと伝えましょう。また、麻酔医の方には将来的にも良い経験、勉強になると思います。医療の未来を考えるに、高齢化、そして終末期ケアが当然になるのは明らかだからです。

終末期医療や緩和ケアの部分はまだ日本では一般的ではありません。余命宣告や死を前向きに捉えることなど、日本の文化的背景や宗教観などで、まだまだ受け入れづらい人もいるかもしれませんが、終活が増える現在では余命わずかなら痛みのケアはしたいけれども、寿命を受け入れる覚悟をしたい人がふえています。そのため、ホスピス医師の求人はこれから伸びる部分であり、民間病院だけではなく、全国的に大学病院、国立病院で受け入れられるべきではないでしょうか。

ホスピスの求人サイト人気ランキング 〜医師編〜

  サービス名 利用料 対応エリア 評価 詳細
医師転職ドットコム 無料 全国 ★★★★★ 詳細
医師転職ドットコム
公式サイトはこちら

>>ホスピス(緩和ケア)の求人サイト人気ランキングを見る<<


▲このページの上部へ

Copyright (C) 2014-2018 ホスピスの求人特集【※人気サイト最新ランキング掲載】 All Rights Reserved.