ホスピスの求人特集【※人気サイト最新ランキング掲載】

ホスピス求人 TOP >> ホスピス(緩和ケア)の看護師 >> ホスピスの看護師に必要な資格はある?

ホスピスの看護師に必要な資格はある?

ホスピスで看護師として働くのに、看護師の資格以外の特別な資格は必要ありませんが、終末期医療をサポートし、専門的な緩和ケアを学ぶ、緩和ケア認定看護師という資格は存在します。日本ではまだまだ終末医療は発展途上ですので、総合病院での病棟ホスピスや在宅ホスピスなどの施設、サービス自体の利用や世間的な認知度はまだまだ低いです。

ホスピスとはどんなところなのか、またどんなケアやサービスをしているのか、一般社会に広く知らせたり、どんな施設なのか説明していくのも、医師や看護師の勤めかもしれません。緩和ケア病棟で働いている看護師だけではなく、一般看護師にホスピス医療を浸透させるプログラム、研修を設けている病院もあります。近隣の病院や、地域医療施設との連携を保ちながら、こうした活動を行っていくべきです。

個人的な興味や専門性を高めたいという要望に答える形で認定看護師制度が始まりましたが、認定看護師分野は緩和ケア認定看護師を含め、21の分野に分かれた専門知識を身につけることができます。緩和ケアは患者だけではなく、家族へ喪失に対する心のケアを行っていきます。

この緩和ケア認定看護師は、病気による疼痛、呼吸困難、全身倦怠感、浮腫などの対策、苦痛症状の緩和のことについて専門的に学ぶのです。ただし、これはあくまでも資格なので、本当は臨床現場で学ぶことのほうがずっと大事で意味深いものです。資格で基礎知識をさらっておいて、実際的なことはホスピス病棟で学びましょう。ただ、この資格を取得し、ホスピス病棟で働く、もしくは在宅ホスピスの訪問看護師として働くのはかなりの専門性があり、これからの将来の特別スキルとして、転職先に困ることはないでしょう。

終末期ケアは、これからどんどん日本に広まっていく医療サービスの一つの形態です。老人介護施設などとの連携、自宅でお年寄りを介護したい、されたい場合の専門家としてのサポート、アドバイスなど、これからホスピス経験の看護師の果たして行く役割は非常に大きいです。

医療サービスもこれから多様化しますし、より個人の好みやライフスタイルに合わせた老後の暮らし方があります。また終末期ケアを自分で選べるようになっています。終活の一つとして、もし自分が末期癌になったとき、ホスピスでの緩和ケアを選ぶのが当然になる日も当然やってくることでしょう。高齢化社会を迎える日本は、このホスピスサービスの普及は大切な責務であり、必ず必要になってくる医療現場の常識となります。

ホスピスの求人サイト人気ランキング 〜看護師編〜

  サービス名 利用料 対応エリア 評価 詳細
ナースフル 無料 全国 ★★★★★ 詳細
ナースフル
公式サイトはこちら

>>ホスピス(緩和ケア)の求人サイト人気ランキングを見る<<


▲このページの上部へ

Copyright (C) 2014-2018 ホスピスの求人特集【※人気サイト最新ランキング掲載】 All Rights Reserved.