ホスピスの求人特集【※人気サイト最新ランキング掲載】

ホスピス求人 TOP >> ホスピス(緩和ケア)の看護師 >> ホスピスの看護師の勤務時間

ホスピスの看護師の勤務時間

ホスピスの勤務時間は、他の専門診療科と異なる点はないですが、日常的に危篤になる患者、基本的には退院することはなく、ホスピスを離れるときは死亡したときという特殊な環境に置かれます。基本的にシフトを守って勤務することになりますが、当直のみ、日直のみのパート、アルバイト、非常勤などの働き方も選べる施設が殆どです。

他の診療科とホスピスが違う点と言えば、積極的な治療を施さず、緩和ケアが中心となり、専門科医のなかでも内科医、麻酔医が中心となって日常の診断をすること、その上、ホスピス施設に入院するよりも自宅で最期のときを過ごしたいという希望を持つ患者さんが多いことから、在宅ホスピスとして訪問看護でのサポートという特別な仕事があるところでしょう。ただ、訪問看護は時間の自由が効きやすい働き方であり、子供がいても子育てをしながら続けられる就業形態、都合の良い時間帯で働けるなどメリットは多いです。

終末期医療の在宅ホスピスでは、癌などの病ですでに積極的な治療法がないような状態で、家族が中心となって家での看護をし、訪問看護師さんや往診医が訪問することで、自宅で最期を迎えることができる画期的な方法です。

患者さんの家族の事情や財政的な問題で、ホスピスなどの病棟に入ったほうが良いと判断されますが、もし自宅での介護もできる場合は、在宅ホスピスのサービスを受けられます。こうした訪問看護の仕事は、終末期医療のほかに高齢者介護の分野でも沢山の人材が必要とされています。

ホスピスで働くとしても、自分の決断一つで働き方は選べますし、家庭と仕事の両立で、当直ができないなら昼だけの勤務も可能です。患者さんの家を訪問するのが苦痛でなかったら、訪問看看護師としてパート勤務をすることができます。また、夜勤中に病状が急変する患者さんも多いので、夜勤対応のスタッフを多めに確保することも考えられます。もちろんその施設にもよります。

ホスピス医療に関わる看護師だからといって、特別なシフトであるとか、激務になるとか思いますが、実際は勤務時間に特筆すべきものはありません。体力的というよりも、精神的に辛くなることがあるかもしれません。ただ、いままでの看護や人生経験を活かして精一杯患者さんと向き合う現場は、学ぶ事が沢山あるでしょう。ホスピスは余裕をもった看護をモットーとしているので、人員が比較的多めに確保されている病棟もあり、その点、普通の病棟よりも細かいケアができる現場が多いともいいます。

ホスピスの求人サイト人気ランキング 〜看護師編〜

  サービス名 利用料 対応エリア 評価 詳細
ナースフル 無料 全国 ★★★★★ 詳細
ナースフル
公式サイトはこちら

>>ホスピス(緩和ケア)の求人サイト人気ランキングを見る<<


▲このページの上部へ

Copyright (C) 2014-2018 ホスピスの求人特集【※人気サイト最新ランキング掲載】 All Rights Reserved.