ホスピスの求人特集【※人気サイト最新ランキング掲載】

ホスピス求人 TOP >> ホスピス(緩和ケア)の薬剤師 >> ホスピスの薬剤師求人の探し方

ホスピスの薬剤師求人の探し方

ホスピスで働きたい、と具体的な医療施設の目標がある場合は、まずは薬剤師として一般病棟で働いた経験があると有利です。なぜなら、一般病棟でも癌患者さんに緩和ケアや、ホスピスに行く前の患者さんに接したりする機会があり、どのような薬剤を使うとどのような症状に効き目があるのかや、副作用や患者さんからの聞き取りなど、薬剤師として現場の意見を沢山聞ける機会があるからです。当然、ホスピスでも未経験可の薬剤師募集を行っているところもありますが、殆どの医療現場では経験を重視していますので、職務経験があれば確かにホスピスへの就職、転職が楽になるという点はあります。

ホスピスの薬剤師の就職、転職は調剤薬局やドラッグストアなどで働いていた薬剤師と同じではありません。もちろん最近の薬剤師は患者さんへの説明責任がありますので、コミュニケーションスキルなどが問われるようになっていますが、前向きで積極的な治療を行うのが普通な医療現場と違い、一時的な痛みや苦痛のコントロールを行い、大量の麻酔薬や鎮痛剤なども用います。必ずしも体のダメージや副作用を考慮せず、患者さんの感覚や気分を優先した投薬になるところに注意です。

そのため、すでに病棟勤務のある薬剤師でも、癌病棟などに携わったことがある薬剤師や、麻酔薬などに詳しい薬剤師などが評価されます。ただし、医師や薬剤師の指導のもとに薬を調剤すればいいので、未経験でもできない訳ではありません。経験を積んでいる薬剤師であれば、新人の医師などにアドバイスや、自分の見解などを言って治療の選択肢を広げることができるという訳です。

ホスピスに直接応募していく形や、公募などで探して薬剤師のポジションを探す、その上、薬剤師専門の転職エージェントなどで、ホスピス勤務の薬剤師のポジションを一緒に探していく、また職務経歴書や面接対策などをして、ホスピスに確実に就職することができるようにプランを練りましょう。薬剤師として十分な経験が積めるとともに、ホスピス勤務という専門知識を身につけたら、これからますます広がっていくと考えられる緩和ケアのエキスパートとして、将来活躍ができることでしょう。

一般病棟でホスピス的役割を担っている病棟や、ホスピス専門病院ではなくても、同じようなことが学べる一般病院もありますので、専門病院にこだわることがなければ、より就職先の選択肢も広がります。ホスピスへの就職によって薬剤師としての実力を十分磨く機会になることでしょう。

ホスピスの求人サイト人気ランキング 〜薬剤師編〜

  サービス名 利用料 対応エリア 評価 詳細
リクナビ薬剤師 無料 全国 ★★★★★ 詳細
リクナビ薬剤師
公式サイトはこちら

>>ホスピス(緩和ケア)の求人サイト人気ランキングを見る<<


▲このページの上部へ

Copyright (C) 2014-2018 ホスピスの求人特集【※人気サイト最新ランキング掲載】 All Rights Reserved.