ホスピスの求人特集【※人気サイト最新ランキング掲載】

ホスピス求人 TOP >> ホスピス(緩和ケア)の薬剤師 >> ホスピスの薬剤師の年収・給料

ホスピスの薬剤師の年収・給料

ホスピスで働く薬剤師は、医師の診断のもと、それぞれの患者さんにあった薬を処方することになりますが、この投与する薬は痛みのコントロール、だるさや体の重さを緩和する薬であって、病気に対する治療の意味がある訳ではないので、患者さんの希望に沿った投薬が必要になります。

ですから、必ずしも答えが一つではなく、中には苦痛でも投薬をしない主義の人もいるかもしれません。そうなると、医師や麻酔医の判断よりも患者さんの意志が尊重されるのがホスピス病棟です。患者さんとのコミュニケーション、そして医師との連携をしっかりして、患者さんが望む終末期ケアを実現させてあげてください。一般病棟の薬剤師とは、大きく違う仕事内容になります。苦痛を抑える働きをもつお薬でも、副作用が全くない訳ではありませんのでそれを抑える薬の投与なども行います。患者さんに気分や体調を聞きながら、量をコントロールしていきます。

薬剤師の平均年収は、530万円程になっていますが、調剤薬局やドラッグストア、病院薬剤師などで年収が異なります。他の医療資格に比べて、看護師と同じように女性の比率が高いのが薬剤師です。ホスピスでは、医師他、看護師や看護助手、介護福祉士との連携が重要ですので、女性薬剤師の活躍の場は広いのです。その上、パートやアルバイトなどの勤務方法も選べるので、結婚、出産を経て職場復帰する人にもすすめられるでしょう。

ただ、他の一般病棟とは違い、どんなに体調が良く、健康そうにみえる患者さんでも退院して元気に過ごすようになる訳ではありません。投薬して回復を見る喜びはなく、ただ、毎日の苦痛や苦しみを和らげる為のお手伝いをするだけなのでその分、患者さんとのやりとりではきめ細やかな対応が求められます。

薬剤師としてのキャリアをどのように考えているのか、どちらかというと病院で働きたいのか、それとも薬局での仕事が向いているのか、こうした終末期医療に携わることで自分のやりがいを見つけていくのか。働くスタイルや年収によって進路は分かれると思いますが、やはり自分がやりたい方向にすすんでいくために、進路設計やキャリアプランは一度は専門家と話し合いましょう。薬剤師の専門転職エージェントなどで、あなたのやりたいことについて、目標年収などを話し、その目的に向かって前向きに成功させましょう。パートやアルバイトの薬剤師も最近増えているので、自分のライフスタイルにあった働き方ができるようになっています。

ホスピスの求人サイト人気ランキング 〜薬剤師編〜

  サービス名 利用料 対応エリア 評価 詳細
リクナビ薬剤師 無料 全国 ★★★★★ 詳細
リクナビ薬剤師
公式サイトはこちら

>>ホスピス(緩和ケア)の求人サイト人気ランキングを見る<<


▲このページの上部へ

Copyright (C) 2014-2018 ホスピスの求人特集【※人気サイト最新ランキング掲載】 All Rights Reserved.