ホスピスの求人特集【※人気サイト最新ランキング掲載】

ホスピス求人 TOP >> ホスピス(緩和ケア)の薬剤師 >> ホスピスの薬剤師の仕事内容・役割

ホスピスの薬剤師の仕事内容・役割

ホスピスは、病院の中での終末期ケアにフォーカスした医療機関です。一般病院のホスピス病棟、独立型のホスピス専門病院、そして在宅ホスピスサービスなどで、薬剤師の需要が高まっています。

ホスピスでは、末期癌やエイズなどで、余命宣告されている患者さんが入院していますが、その病気に対して抗癌剤や放射線治療など積極的な治療はしない方向で、緩和ケアと呼ばれる痛みや苦痛の軽減を主とする処置に切り替えられています。延命治療をするというよりは、残された時間を充実して過ごすための施設であるため、ホスピスではなによりも患者さんの入院生活のQOLが問われることになります。

患者さんが生活しやすいように配置された病室、生活のプライバシーが守られ、一般な入院病棟とは全く違う雰囲気の中で最期のときを過ごせます。病室では料理を楽しめるキッチンや家族が一緒に泊まれるようなゆったりスペース、談話室や娯楽を楽しむ施設、音楽療法の施設など色々あります。

その患者さんの生活の質を最も左右するのが、医師と看護師、その中でも麻酔医、薬剤師です。積極的な治療を行わず、患者さん自身の生活習慣も尊重されるので、ホスピスでは自宅と同じように過ごせますが、どうしても末期癌の痛み、そして苦しみがあるのは避けられません。検査や回診などを定期的にして、なるべく最期の時を迎えるまで穏やかに、幸せに暮らすのは麻酔医、薬剤師の治療、処方の腕一つにかかっています。体の辛さ、だるさ、痛みを軽減するかどうかも、患者さんに十分説明を行い、了承を得てから薬の投与をします。

もともとホスピスの中では、医者や看護師、他の医療スタッフの数は多めになっていて、患者さん一人一人に確実に目が行き届き、ケアが手厚いことで知られています。精神的、社会的援助を受けながら、尊厳を保ちつつ最期を迎えられるように、鎮痛剤等を適切に用いて患者さんを助ける役割を担っているのが、薬剤師になります。ホスピスの麻酔科医は、手術で必要とされる麻酔医と同じくらい終末期医療では大事な存在となりますし、その薬剤を処方する専門家である薬剤師の役割は重要です。

もしこれからの終末期医療に興味がある、ホスピスなどで働きたい、高齢化医療などに貢献したいと考える薬剤師さんはぜひ応募してみましょう。もちろん、一般病院での経験も転職には役立ちますし、このホスピス病棟経験が、職務経験としてだけではなく、自分の精神的な部分を鍛えられる良い経験になることは間違いありません。麻酔薬、鎮痛剤の進歩とともに、こうした終末期医療も進化しています。最先端の医療技術にて、患者さんを安心させ、天寿を全うする手伝いができるのは、薬剤師として一つのやりがいになることでしょう。

ホスピスの求人サイト人気ランキング 〜薬剤師編〜

  サービス名 利用料 対応エリア 評価 詳細
リクナビ薬剤師 無料 全国 ★★★★★ 詳細
リクナビ薬剤師
公式サイトはこちら

>>ホスピス(緩和ケア)の求人サイト人気ランキングを見る<<


▲このページの上部へ

Copyright (C) 2014-2018 ホスピスの求人特集【※人気サイト最新ランキング掲載】 All Rights Reserved.