ホスピスの求人特集【※人気サイト最新ランキング掲載】

ホスピス求人 TOP >> ホスピス(緩和ケア)の薬剤師 >> ホスピスの薬剤師の勤務時間

ホスピスの薬剤師の勤務時間

ホスピスの薬剤師の勤務時間は、他の一般病棟と働く薬剤師と同じです。一般病院の一部にホスピス病棟がある場合には、その病院の就業規則や条件によります。調剤業務、服薬指導、監査業務、病棟業務などを行う薬剤師は、勤務時間としては、常勤のほかに、土曜出勤もあります。日曜、祝日については、交替で休日出勤をします。また夜間、休日には交替で宅直オンコール当番もあります。病棟で働く薬剤師は、正社員を望まなければ、パートやアルバイト勤務も受け入れている施設があります。薬剤師の働き方は多様化していて、それはホスピス病棟でも同じです。

薬剤師といっても、病棟勤務をするのと、調剤薬局などで働くのは勤務時間等は違いますし、働くスタイルなども違っているのは確かですが、最近は正社員ではなく、常勤でもない働き方を取る薬剤師も増えています。薬剤師は女性が多いですので、結婚しても出産しても仕事が続けられるところが薬剤師の大きなメリットだという女性もいます。ただし、医療現場でも、ドラッグストアなどで働いていても休日出勤は必要となります。ところがどうしても休日出勤、また夜間の就業が不可能という場合は、その就業スタイルで受け入れてくれるホスピスや一般病棟を探すことでしょう。

もちろん仕事をしていく上では、通勤手当、住宅手当、残業手当、調整手当、役職手当、資格手当、皆勤手当などがある正社員のほうがよいのは確かですが、家庭や仕事の両立をしたい場合は、パート、アルバイト就業を考えることもできます。勤務時間の調整は就業先との相談できめましょう。ただ、薬剤師は時給自体も高いので、薬剤師資格をもち、経験もある人なら難なく就業先をきめられることは間違いありません。

もしホスピスへの就業を希望し、その上自分の就業スタイルで働きたいという人は、就業時間や条件から探せる薬剤師の転職エージェント利用がすすめられます。いままでは紹介や自分で人材広告を探して募集するのが普通で、お給料や勤務時間の交渉も自分でやらなければならず、求職者がしなければならないことは多かったのです。そして職務経歴書や面接対策などもして、なかなか決まらない場合は、それだけで疲れきってしまう薬剤師さんがいました。でも最近は、薬剤師の転職エージェントがあるおかげで、転職時の負担も少なくなりましたし、その上、自分の条件や就業時間優先で仕事を探すことができ、雇用先の都合に全部あわせる必要はなくなっています。

ホスピスの求人サイト人気ランキング 〜薬剤師編〜

  サービス名 利用料 対応エリア 評価 詳細
リクナビ薬剤師 無料 全国 ★★★★★ 詳細
リクナビ薬剤師
公式サイトはこちら

>>ホスピス(緩和ケア)の求人サイト人気ランキングを見る<<


▲このページの上部へ

Copyright (C) 2014-2018 ホスピスの求人特集【※人気サイト最新ランキング掲載】 All Rights Reserved.