ホスピスの求人特集【※人気サイト最新ランキング掲載】

ホスピス求人 TOP >> ホスピス(緩和ケア)のその他の求人 >> 介護福祉士

介護福祉士

介護福祉士は、ケアワーカーとも呼ばれることがあり、学歴によっては介護福祉士および、社会福祉士の双方の国家資格取得も可能です。そのため、これからの終末期医療の一員として、重要な役割を果たす仕事になります。もちろん資格を持っているだけでは、医療スタッフとしてホスピスで働くのは不十分で、できれば一般病棟などで経験を積んでからのほうが、ホスピスのスタッフとして採用されやすいです。

身体上又は精神上の障害があることにより日常生活を送るのが困難な患者に対して指導を行い、またその介護者などに適切なアドバイスなどをしていく仕事です。すでに末期癌や不治の病に冒されている患者さんにとって、限られた時間を充実して過ごすことは大事です。その助けをするのが、介護福祉士です。

もし訪問介護をするためにヘルパーになるとしても、この介護福祉士の資格は有効でしょう。現場を支える中核スタッフとして、他の医療スタッフと連携しながら患者さんが楽しく、そして充実した生活を送り、最期満足して旅立てるようなお手伝いをしていきます。

病に倒れても、多少体が不自由でも、できれば寝たきりになりたくない、またはできるだけ活動的に過ごしたいと考えている患者さんもいます。体がだるい、そして苦痛や薬の副作用に悩む患者さんが少なくないなかで、介護福祉士が薬剤師や医師とともに、生活プランを練って無理のない身体的サポートを行います。

ホスピスでは、とくに患者さんの満足度を中心に考えていますので、その分、親切でキメの細かいケアが大事になってきます。一般病棟とはまた別の気遣いや場合によっては特別なケアプランが必要となります。

一般的に福祉や介護関連職では、年収が低い傾向がありますが、この介護福祉士は国家資格なので、その分ヘルパーさんよりは恵まれている場合もあります。ただし、やはり一般的な施設で働く介護福祉士では、300から400万円くらいの収入が普通です。休日出勤や夜勤もあるので、肉体的、精神的にもハードな仕事です。民間の会社から派遣される介護福祉士もいます。その場合は時給制です。

ただ、ヘルパー1級、2級の資格と比較すると、介護福祉士は資格手当が付くことになりますので、収入の面ではヘルパーよりは恵まれています。介護の専門家として、訪問看護の現場ではなく医療施設やホスピスで働ける確率が高くなります。その上、介護支援専門員、ケアマネージャーの資格を取得していると、待遇面で優遇される場合もあるので、実務経験とともに、資格取得を考えましょう。

ホスピスの求人サイト人気ランキング 〜スタッフ編〜

  サービス名 利用料 対応エリア 評価 詳細
ベネッセの介護士お仕事サポート 無料 全国 ★★★★★ 詳細
ベネッセの介護士お仕事サポート
公式サイトはこちら
かいご畑 無料 全国 ★★★★★ 詳細
介護専門の求人サイト かいご畑
公式サイトはこちら

>>ホスピス(緩和ケア)の求人サイト人気ランキングを見る<<


▲このページの上部へ

Copyright (C) 2014-2018 ホスピスの求人特集【※人気サイト最新ランキング掲載】 All Rights Reserved.