ホスピスの求人特集【※人気サイト最新ランキング掲載】

ホスピス求人 TOP >> ホスピス(緩和ケア)のその他の求人 >> 医療ソーシャルワーカー

医療ソーシャルワーカー

社会福祉士は、ソーシャルワーカーの国家資格になります。介護福祉士、そして精神保健福祉士などと連携して、身体的、そして精神的に障害がある人、そして環境上の理由から日常生活をおくるのが困難である人に適切な社会的サポートをしていく手配をする仕事です。高齢者や児童など、社会的弱者の方の生活を支える福祉事業者等で働くことになります。

ホスピスでは、社会福祉士のスタッフがいますが、これらの人がこのホスピスと患者さんとの間の橋渡し役として活躍しています。具体的な仕事内容といえば、患者さんとご家族との連絡役、患者さんと医療スタッフとのコミュニケーションを助けたりします。また患者さんが受けられる社会的サービス、患者さんの意見確認、つまりホスピス入院がよいか在宅ホスピスが良いか質問し、環境や財政面でそれが許されるかどうかを確認します。

実際に患者さんやご家族が抱えているホスピス入院中や在宅ホスピス、介護の不安などもありますし、当然金銭的な限界もあり、受けられるサービスには限りがあります。医療面以外の問題を公的サービスや保険等を利用しながら解決していきます。

ホスピスケアでは、医師や看護師、薬剤師や他医療スタッフやボランティア、ケースワーカーとともに、頻繁に会議を開き、それぞれの専門家から寄せられる意見をまとめ、患者さんの希望に一番近い方法で間題解決にあたっています。

社会福祉士の平均年収は400万円前後です。様々な業務を抱える社会福祉士から見ると、その報酬は決して満足できるものではありませんが、国の独立行政法人に所属すれば福利厚生は良く、また民間の病院でも、高級医療をモットーとしているホスピスでは、報酬が高めです。だいたいのホスピス、一般病棟でも社会福祉士は存在します。そしてその役割はホスピス全体の中でも大事です。

患者さんがどういった医療が受けられるか、それはどれだけ緩和ケアにお金が使えるかということと直結します。自費で出せる患者さんはいいですが、自分の満足できるサービスを受けられる患者さんは一握りです。ただし、この社会福祉士がいることで、社会福祉サービスからなるべく希望に沿ったサービス、介護、ケアを受けられることになり、患者さんのQOLに貢献できる重要な仕事になります。経験を積めば、どんな職場でも働けるようになったり、これから発展する終末期ケアの専門スタッフとして活躍の幅が広がる筈です。社会福祉士でこれからのホスピス医療を支えましょう。

ホスピスの求人サイト人気ランキング 〜スタッフ編〜

  サービス名 利用料 対応エリア 評価 詳細
リクルートエージェント 無料 全国 ★★★★★ 詳細
Recruit Agent
公式サイトはこちら
マイナビエージェント 無料 全国 ★★★★★ 詳細
マイナビAgent
公式サイトはこちら

>>ホスピス(緩和ケア)の求人サイト人気ランキングを見る<<


▲このページの上部へ

Copyright (C) 2014-2018 ホスピスの求人特集【※人気サイト最新ランキング掲載】 All Rights Reserved.